--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.10.09 (Tue)

ワイナリーめぐり

本記事の前に、まずは山中教授ノーベル賞
おめでとうございます。日本人
の大活躍、オリンピックだけではありませんでした。すばらしいですね
 




 
さて、日曜日は曇り
時々雨

のあいにくの天気
でしたが、ご近所さんのグッチさんご夫妻と、Niagara on the Lakeという町へワイナリー
めぐり
に行ってきました
 
ナイアガラの滝から30分ほど離れた町で、ナイアガラワインの産地です。ここにはいくつもワイナリーがあります。今回はそのうち4件を選びました。
 
なんでもグッチさんのご家族が近いうちに日本から遊びに来られるとかで、今日はそのためのワイナリーの下見
だったのです。ぼくたちは案内役のはずだったのですが
、いっしょになってワインを楽しんでしまいましたよ

 




 
まずは市街地へ。馬車
が走っています。
 

 
ハローウインが近いから、こんなお菓子
も売っています。
 

 
でもこれは
あまり美味しそうじゃないなぁ

 

 
町に着いたのはお昼前すきっぱらにワインは良くないので、まずはワイナリーへ行く前にランチ
しましょう。おじちゃんはラザニア、おばちゃんはキッシュです。カナダ式ドッカン盛りじゃなくて、お上品

でした。
 

 

 




 
さて、ワイナリー1件目Peller Estate、人気のお店です。ガイドツアーは満員で3時間待ち
、なので諦めて
テイスティングだけにしました。3種類を味見、うん、なかなか美味しいです
 

 
ワイナリーの外
に出るとブドウ畑が広がっています。
 

 
ほら
ブドウの実
がなっていますよ。これがそのうち美味しいワインになるんですね。あー、おばちゃんったら、つまみ食いしてるー
 

 
続いて2件目Hill Brand、こちらも有名なお店です。ここではツアーに空きがありました

。ツアーまで20分ほど時間があるので、まずはお店でテイスティングです。ここでも3種類を味見。おじちゃんはお気に入りの1本をお買い上げです。
 
ぼくはこんなもの飲まないからわからないけど、人間ってこんなの
が美味しいんですかねぇ
 

 
ツアーは約1時間、20人ぐらいのグループです。ガイドはこのワイナリーで働いている日本人でした。もちろん説明は英語ですけどね。
 
地下室
に入るとワイン樽がいっぱいで、いい香り
がします。樽はアメリカやフランスからの輸入だそうです。
 

 
こちらは
スパークリングワイン熟成するところです。ビンに詰めて寝かせるそうです。すっごい数のビンですね。ちなみにここでは50万本まで保管できるそうです
。1日1本飲んだとして、全部飲むには......

......1369年かかります(意味なかったですね
 

 
ツアーの最後は待望のテイスティング
です。赤白1杯ずつ、そして最後にアイスワインを試飲です。ツアー前にもテイスティングをしていたので、このワイナリーでは6種類を味見しました。どれも美味しかったです。
 
酔いはじめたおじちゃん、ここで運転をおばちゃんと交代です。
 




 
3件目はおじちゃんもおばちゃんもまだ行ったことのないワイナリー、Pillitteri Estateです。今までのところは試飲が3杯で7ドル、1本買えばその試飲は無料になるというものでしたけど、ここは試飲が無料

です。
 
おじちゃんったら、無料だからって、何杯も
味見しちゃいましたよ。でもここが意外と美味しかったんです。お値段も手ごろだし。というわけでここでも1本お買い上げ
です。
 
4件目Jackson Trigges、かなり混んでました。それでもなんとかカウンター
につき、4杯ほどテイスティングをしました。ここは1杯1ドルです。
 

 
Niagara On The Lakeの市街地からこういうレトロなバス
が出ているんですよ。これなら安心して飲み回れますね
 

 




 
グッチさんご夫妻も2本ほどワインを買ったようです。ワイナリーの場所を地図でチェックしたり、テイスティング方法などをメモしていたようです。これで予習はバッチリ

、ご家族が来ても大丈夫ですね
 
おじちゃんは合計20種類近いテイスティングをして、美味しいワインを2本getしてきました。
 

「スペインでもワインを買ってきたのに、買い置きワインがまた増えちゃったじゃないですか
、こんなにいっぱいどうするんですか


「がんばって飲まなきゃ
 
またあした

10:17  |  yahoo時代の記事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ron200803.blog.fc2.com/tb.php/3-f6557e45

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。